atsumintのうた

読書ログ&ラーメンログを中心に、雑談をお届けします

*

なぜ食べ放題で元をとってはいけないのか

   

ad pc

こういうのを、メンタルアカウンティングっていうらしいです。

ラーメンを食べる時に、ランチサービスで大盛が無料だと、同じ値段払ってるんだから大盛にしなきゃ損ど!という気持ちになって、つい大食いでもないくせに大盛にしてしまいます。

もちろん、ごはんがおかわり自由だと書いてあれば、最低でも1回はおかわりをしないと損した気分になります。

そして、食べ過ぎて気持ち悪くなり、ぱんぱんになった自分のお腹を見て、後悔するのです。

同じ800円のラーメンなんですけど、どれだけ食べられるかによって、800円の支払い価値が変わってくるような錯覚を受けるんですよね。

このとき、すでに支払いが終わっている、二度と戻ってこないコストのことを、サンクコストと呼ぶそうです。

そしてこのサンクコストは、損得感情に入れてはいけないんです。だって、過去は変えられないんですから。過去に縛られて、今からの行動が制限されてしまうのなんて、もったいないですよね。

ラーメンの例でいえば、たとえ大盛やごはんが無料でも、自分が食後に一番気持ちいい状態になっているように、行動を選択するべきです。

大盛にもせず、ごはんも食べないくらいの量が、自分の身体にはちょうどいいと知っているのであれば、そこはスマートに断るのが正解でしょう。

サンクコストに対して、元を取ろう!なんていう気持ちは絶対に持ってはいけないのです。

、、、

ということを、昼の無料大盛まぜそばを食べながら、自分に改めて言いきかせたのでした。自分をコントロールするのって、本当に難しいですよね´д` ;

 - コラム