atsumintのうた

読書ログ&ラーメンログを中心に、雑談をお届けします

*

6年目のほぼ日手帳は心機一転このデザインに決めた

   

ad pc

手帳を選ぶのが楽しい季節になりましたね。

大きな書店やなどの文具売り場へ行くと、目立つところに手帳コーナーが代替的に展開されています。

 

私の場合、ほぼ日手帳を使うようになってから今年で5冊目、次で6冊目になりますね。

ちなみに、ほぼ日手帳とは、コピーライター糸井重里率いる「ほぼ日刊イトイ新聞」が発行している、手帳の売上10年連続第1位というとてつもない人気の手帳のこと。

きちんと説明するととっても長くなるので、ご存知ない方はこちらをご覧ください

 

2010年版当時、最初にほぼ日手帳を買ったのは、「TSブラック」というデザイン。

スタンダードなデザインよりお高いですが、ビジネスでも違和感なく使えるようにと革素材のものを選びました。

wpid-20141010053303.jpg

 

 

 

それから5年間、今年の2014年版まで、ずっとこのカバーを使っています。(2年目からは本体のみを購入する。)

写真は最近とったもので、だいぶ年季が入っているのがわかりますね。相棒となるペンも、5年間 Style Fit の5色一筋です。

 

ところで、ほぼ日手帳といえば、毎年ラインナップされる豊富なデザインが特徴のひとつでもあります。

5年間TSブラックで使っていたので、そろそろ違うデザインも使ってみたいという欲が出てきました。

 

ということで、2015年版は、思い切って違うデザインを購入してみました。

 

ほぼ日手帳 チェック

 

派手すぎず、落ち着きすぎず、気分転換するにはちょうどよいデザインだと思います。

見方によっては多少女子感があるのは否めませんが、いいのです、ちゃんと気に入っています。

 

いちおう2015年版用にと買いましたが、今のTSブラックと併用はするつもり。さっそく今日から、気分によって着せ替えながら使っていこうと思います。

 

■おまけ

私の手帳、お恥ずかしいですが、たとえばこんな感じで使っています。(マメすぎて気持ち悪い!)

手帳1

 

手帳2

手帳3

ほぼ日手帳中身2

 

 

 

 - コラム , ,