atsumintのうた

読書ログ&ラーメンログを中心に、雑談をお届けします

*

保険会社の対応が変わってきた|追突事故記録vol.15

      2014/10/11

ad pc

警察へ人身事故への切り替えを届け出たあと、保険会社へその旨連絡しました。

ここから、保険会社の対応の様子が若干変わってきたように感じました。

それまでは、1日に数回は保険会社側から着信が入るような状況だったのですが、ここで連絡をしたのち、着信は一度も来なくなりました。最後の連絡から5日間経過しています。

これは想像ですが、保険会社としては、初期対応の早さと丁寧さが、重要なサービスと位置付けられているはずです。

なぜなら、利用者が一番不安で助けて欲しいと思っているのは、事故があった直後だからです。

普通はそこから時間がたつにつれ、当事者はその感覚がうすれていきます。保険会社への精神的な依存度は下がっていきますよね。

そうこうしているうちに、保険会社には毎日数件から数十件の新しい事故の電話が入ってくるわけですから、同じようにそちらの対応を優先しなくてはいけません。

当然、事故から数日たち、警察への対応が進んでいるこちらの対応は、担当者としてもマニュアル的にも重要度が下がってきているはずです。

保険会社を責めるべきところではないですが、これはもう、こちらからアクションを起こしていかないと、どんどん置いていかれる予感がします。

と、そう思っていたところに、警察から電話が入りました。

つづく

 - 追突事故記録 , ,